So-net無料ブログ作成

みんなで病院 [タケル]

8/16

朝から、意外に調子よかったタケルさん

昨日より、足取りも良く、呼吸も楽そう

003.JPG

休み明けの病院

いつも以上に混むよな・・・金曜日くらいにした方がいいかなぁ・・・

でも、心配だから早めに行った方がいいよな・・・

9時からの診察、受付は8時30からです。
チョット寝坊してしまって、出遅れちゃった~
病院に着いたのは、8時40頃
受付番号は11番
...
ヤッパリ混みこみでした。
005.JPG
桃ちゃんも付き添い
診察してもらえるのは・・・11時ころかなぁ・・・
 
タケルの症状で気になる所がもう一個
以前から、腹部の膨満があり、最近一段と大きくなって・・・
8.16夜の写真
8.15.JPG
6月にも、レントゲンとエコーの検査をしました。
レントゲンでは肺の辺りが白く・・・でも原因は不明
エコーでも腹水などはありませんでした。
この時は、特に呼吸も普通で、熱もなかったので様子を見ることに。
 
10時30過ぎ、やっとタケルさんの診察
 
最近の発作の状況を説明して
血液検査とレントゲン検査
結果が出るまで一旦待合室で待機
診察室を出ると、健太パパが来ていました。
タケルが心配で仕事の合間に来てくれました。
 
1時間後
再度、診察へ
血液検査の結果
ヤッパリ肝臓の数値が悪かった・・・
白血病の白血球も高く、
腎臓は大丈夫、チョット心配していた糖尿も大丈夫でした。
 
レントゲンは6月より肺が小さくなっていて肺炎の徴候
腹部も6月より大きくなっていました。
ステロイドの影響と思われます。
少量とはいえ、長く続けているので副作用が出たようです。
急には止められないので、徐々に減らしていくことに。
 肺炎の治療は抗生剤で様子を見る事になりました。
 
お会計を待ってる間にタケルん寝てしまいました。
007.JPG
疲れたねぇ~
車の中でもZZZ
006.JPG
桃ちゃんもありがとね
014.JPG
はい、ご褒美
015.JPG
13時すぎに家に戻って
私もチョット横になって・・・一休み
 
夕方、タケルが血尿
病院に電話して、肺炎の抗生剤で様子を見ることに。
 
タケルも
023.JPG
桃ちゃんも疲れたね
021.JPG
桃ちゃん、いつもありがとね。
022.JPG
 
今日8/17の桃タケさん
001.JPG
元気です。
タケルの膀胱炎の症状もとりあえず治まってる。
表情もいいです。
002.JPG
 
ひと安心。
 
  保護犬猫譲渡会のお知らせ

  ともnet

 

ともnet

詳しくはHPをご覧ください。

 

 

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 

 
 
 

 

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

一か月ぶりです。 [桃たけコンビ]

またまたご無沙汰してました。

一か月ぶりの更新です。

前回のブログでは、気圧のせいか・・・?

みんな体調不良

タケルは特に歩くのもままならないくらいのふらつきがある

という内容でしたが

その日の夜、てんかん発作が・・・

ヤッパリ起こりました。

それから、10日おきに発作

このところは昨日を除いて3日連続で発作が起こっています。

薬の調整がイマイチうまくいかず

度々、発作を起こすタケルさん

最近は呼吸がチョット辛そう

エアコンをかけて涼しい室内でもハァハァ

 

018.JPG

 

今日は、大理石のクールボードに寝かせて首にはアイスノン

やっと落ち着きました。

熱があるのか?と

計ってみましたが、37.5

大丈夫でした。

 

心配事は尽きず

桃ちゃんも心配そうです

202.JPG

今日は、タケルの顔を一生懸命舐めてました。

146.JPG

タケル・・・どっか痛いの?

あれ、カメラを向けると可愛い顔するタケル

263.JPG

つらいね・・・

264.JPG

明日、病院行こうね

265.JPG

 

 

  保護犬猫譲渡会のお知らせ

  ともnet

 

ともnet

詳しくはHPをご覧ください。

 

 

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

気圧のせいかな・・・ [桃たけコンビ]

昨日はなんだかみんな調子悪くて

タケルさんは、朝からまた強いふらつき

家の中でも、まともに歩けない

トイレも粗相しちゃって

桃ちゃんも、なんだか大人しい・・・

いつもなら散歩に行きたいって言うのに、ずぅ~っと寝てて

外でしかウンPしないのに

散歩に行きたがらないから、朝の散歩に行きそびれ

夕方は雷雨で

結局、行けずじまいで、ウンPもしませんでした。

私も、肋間神経痛?かなぁ・・・ネット調べ^^;

キリキリ痛くて。。。

ダラダラ・・・

006.JPG

ゴリゴロ

008.JPG

寝て過ごす一日でした。

009.JPG

みんなの体調不良は、気圧のせいかなぁ・・・

今日も天気は不安定だったけど。。。元気な桃タケさんに戻りました。

とりあえず、よかった。

 

 保護犬猫譲渡会のお知らせ

  ともnet

 

ともnet

詳しくはHPをご覧ください。

 

 

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 


 

 

 

 

 

 

 

 

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

暑い・・・><; [桃たけコンビ]

毎日暑い・・・

あ~あつい・・・

ホントに暑い・・・

まだ7月も始まったばかりだけど・・・

本格的な夏はこれからだよな・・・

はあぁ・・・

岐阜は暑いんですよ・・・

ねぇ~桃ちゃん

017.JPG

あれっ?

暑くないの?

020.JPG

暑いよねぇ~タケル~

タケルはクールボードで快眠中~

桃ちゃんは暑がりで

タケルはフレブルにしては暑さに強い方だったけど

最近は反対です。

年のせいとか・・・

病気のせいとか・・・

あるのかな・・・

 

 保護犬猫譲渡会のお知らせ

  ともnet

 

ともnet

詳しくはHPをご覧ください。

 

 

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 


 

 

 

 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

新たな心配・・・咀嚼筋炎? [タケル]

今日はタケル病院の日

先週からステロイドを増やしたので、先生に症状の報告です。

食欲も有り、下痢無し、てんかん発作も無し。

後ろ足のふらつきは、少しあるけど、家の中では転ばなくなったし、

何より、トイレの失敗が無くなった。

後ろ足の、踏ん張りがきくようになったからか、便秘も解消。

自分でトイレに行けるようになったので、オシッコも良く出るようになりました。

1つ心配なのは・・・

顔がどんどんやつれていく事。

最近は1週間に1回病院に行くので、体重を測ります。

2週間前は11.2キロ。やっといい感じに増えたぁ~

1週間前10.4キロ

今週10.6キロ

顔のやつれがあったので、先週から少しご飯を増やしてました。

でも、あまり変化はないな・・・

先生に、顔だけやつれてて・・・気になると相談

年をとってきたから、なかなか顔にお肉がつかないんですかね・・・

006.JPG

目の周り、ピンクの線の所が随分窪んで、いるんです。

写真では分かり辛いんですが。

005.JPG

先生の診断は・・・

「側頭葉の筋肉が萎縮する病気もあるんだよね~」

え~><;

先生~もうこれ以上怖い事言わないでぇ~

ややこしい病気の時は、いつも医学書を見せてくれて、

写真や症状、治療法など詳しく説明してくれます。

タケルのやつれ具合は医学書の写真とそっくり。

え~っと。

先生の医学書の病名は忘れてしまった。。。

ネットで調べなおして、

もっと長い病名だったけど内容は一致^^;

多分コレ

咀嚼筋炎

犬の咀嚼筋だけを侵す免疫介在性疾患です。咀嚼筋は、四肢の筋になり特殊な筋線維(2M型)からなっていて、咀嚼筋炎では、筋線維の特異ミオシン成分に対してIgGが結合します。大型犬種に起こることが多くて、猫では報告はありません。

症状
急性型では、側頭筋と咬筋に、疼痛を伴う腫脹がみられます。発熱、下顎リンパ・浅頸リンパの腫脹、扁桃炎が存在することもあります。食べることを嫌がって、元気消失を示します。痛みがあるので、触診や口を開けさせることに対して抵抗します。

進行すると、側頭筋と咬筋に重度な萎縮が起こって、頭部の骨の外観が明瞭になります。萎縮すると、口を開けることに対して抵抗を示さなくなりますが、咀嚼筋の萎縮と線維化で、開口範囲が狭くなります。

眼球が、筋量が大きく喪失されるので、眼窩に落ち込みます。

診断
症状に基づいて仮診断します。鑑別には、眼球後部の膿瘍や腫瘤、歯牙疾患、側頭下顎骨の関節の異常に考慮が必要です。慢性例では、三叉神経の異常や、播種性多発性筋炎、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症による筋の萎縮とも鑑別を行いましょう。

血液検査では、軽度な貧血と好中球の増加があります。血清クレアチンキナーゼ(CK)、ASTが上昇します。蛋白尿が時々みられます。確定診断は、筋生検による組織学的検査が必要です。2M型筋線維に結合している抗体を検出するための免疫染色を行って評価します。

治療と予後
プレドニゾロン(1~2mg/kg、経口、BID)の投与が、急性期の疼痛を軽減しますし、慢性期の犬の開口を可能にします。投与3週後に、ステロイドを減量して(1mg/kg、SID)、そこから徐々に4~6ヶ月をかけて、可能な限り、漸減します。治療期間が不十分であると、再発の危険があります。


 症状は、一部合う所もあるが・・・

確定診断には、また大学病院で、側頭葉の筋肉を採取して生検に。

また、大がかりな事になる。

 

とりあえず、今はご飯モリモリ食べてるし、ホントに痩せているからかも・・・

ステロイドも使っているし、もう少し様子を見ることにしました。

 

タケルさん。。。

ただ痩せてるだけだよね。

もっとご飯増やして、可愛いお顔のタケルさんになろうね。

 

頑張ろうタケル!!

 

 保護犬猫譲渡会のお知らせ

  ともnet

 

ともnet

詳しくはHPをご覧ください。

 

 

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット