So-net無料ブログ作成

今後の治療。 [保護犬フレブル<ヤマト>]


肺動脈のダメージと咳

肺動脈には右心室から肺へ血液を送るために強い血流があります。その血流に流されてしまわないよう、フィラリアは常にくねくねと動いています。*河の流れに逆らって泳ぐサケと同じ。

フィラリアに感染していると、成虫が常に動き肺動脈に刺激を与えることになります。

また、①成虫の排せつ物や死んだフィラリアなどが血管壁に沈着したり、細い血管に詰まることもあります。これらの刺激は肺動脈の炎症の原因となり、肺動脈の狭窄やその周りの炎症などを引き起こします。

これらの変化によって、咳が出ることが多く、咳は慢性フィラリア症の初期症状の最も一般的症状です。さらに肺動脈の変化が進行すると、肺への血流が低下して、②運動するとすぐに疲れてしまったり、失神が起こることがあります。

フィラリアが肺動脈の血流を悪化させると、血流を阻害するフィラリアがいても、肺動脈~肺へ血液を送れるように、肺動脈の血圧が上がります。

これが③「肺高血圧」と呼ばれるものです。

 

ヤマト今後の治療

 

手術をしても、すでに慢性フィラリア症になっていたヤマトは

上記下線①~③のような症状があります。

 

①の炎症が悪化しないように

これから一か月程は抗生剤を服用します。

 

②運動すると疲れる・・・に関しては

今は、ほとんどお散歩をしてません。

病院の待ち時間に少しお散歩する程度です。

家の中では走り回っています。

以前に桃ちゃんと公園に行った事もありましたが

疲れやすい。。。と言えば疲れやすいのかなぁ・・・

でも、この日は暑かったから・・・かな。

失神するような事はありません。

軽い散歩程度は大丈夫だと思います。

咳の影響を考え、空気の冷たい冬は

お散歩を控えた方がいいかもしれません。

 

③肺高血圧については、すでに血圧が上がってますが

今は失神したり、咳が酷くないので特に治療しなくてもいいようです。

今後、寒冷期に咳が酷くなったりした場合は期間限定で

ステロイド等の投薬治療をするなど、症状に合わせた治療が必要です。

 

ニコニコ汗という事で

前回と今回、色々ごちゃごちゃ書いてきましたが

少し咳は出ますが、ヤマトは至って元気です。

 

なるべく興奮させない

激しい運動は避ける

 

これだけ注意して頂ければ、大丈夫です音譜

 

ニヤニヤ 私、極度の心配性なので、ヤマトの手術前も後も、

ネットを隅々まで検索して、かかりつけの先生にも、

手術をしてくれた先生にも、根掘り葉掘りきいてしまって・・・

里親希望者様には、あれもこれも説明しとかなきゃ・・・とか

その結果がこれですあせる

 

これからも、またこんな記事が続くかもしれませんが

興味のない方はスルーして下さいねウインク

 

 

 

ヤマト里親募集中

アップ

里親希望者様はコチラをご覧ください。 

 

 

 

保護犬猫譲渡会のお知らせ

 

 ともnet

 

ともnet

詳しくはHPをご覧ください。

 

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。